「ほっ」と。キャンペーン

今年のヒット番付より

年末だというのに、相変わらずバタバタと仕事に追われている。このままだと年末年始もフル稼働。早々に実家に帰って、両親に子守をお願いすることになる…かな、ごめんなさい。長女は明日から冬休み、まずは机の周りの大掃除を。

さて、年末になると毎年必ず購入する雑誌の一つに、「日経エンタテイメント!」がある。今年のヒット番付の6位に、我らが(?)「嵐」が入っている。今年はホントに頑張ったよね。デビューして9年、なかなかブレイクせずにやきもきした時期もあったけれど…大きくなったねぇ(感涙)

今、auのサイトで、「もし僕らが嵐でなかったら」という小説が公開されている。辻仁成さんの書き下ろしとのこと。うまいなぁ、au。
個人的には相葉くんの「パン職人」の話が好き。「おいしいものを食べたときの人間の顔には嘘はない」って、本質をついていると思う。食に携わる人って、本来は皆、こんな感覚を持っているんだろうと信じたい。今年も偽装事件はたくさんあったけれど。

大野くんのディーラーの仕事も、心温まるお話。どんな仕事をしている人だって、それを支えてくれる人がいる。親だったり、友達だったり…年末に改めて、人との絆を考える。年賀状を印刷しながら。

ニノが携帯サイトJohnny's webに書いていた「ゲーム日記X」がこの20日で終了したのはショックだったけど、まぁニノも忙しいんだろうな。お疲れ様。

もう1つ、「ヒット番付」で嵐の1つ上の5位が「篤姫」だった。28日は「篤姫総集編」と「驚きの嵐!」スペシャルが同時間帯に重なってるんだけど、どちらをリアルで観ようかしら。
[PR]
by miki_renge | 2008-12-25 16:59 | ジャニーズ
<< 厳しい年の瀬、ちょっといい話 自分への手紙 >>