小学3年生で学ぶこと(社会編)

今週の「夢をカナエル」メールマガジンで、「地域を知ろう 小学校の授業から」という記事を掲載していただいている。
小学校3年生って、地域社会についていろんなことを勉強しているんだなぁ、と、小3の長女を見ながら感動したので、それをまとめてみた。4回連載の予定なので、興味のある方はぜひ。

さて、いきなり番外編。長女が、
「おうちの人に、『買い物するときに気をつけていること』を、3つ、教えてもらってきて下さい」
という宿題を持って帰ってきた。

気をつけてること・・・まぁ、まずは「安全」そして「安い」買い物をすることだよね。
あと一つ、うーん、当たり前のことじゃつまらない。何かひねらなきゃ!
そこで、長女には、「できるだけ好きなタレントが宣伝してる商品を選ぶ」と答えておいた。

すると長女は、「じゃぁ、( )で『SMAP、嵐』って書いとくよ」と言ってくれた。うん、なかなか機転が利くじゃないか。
でもこれはホントのこと。だって洗剤はアリエールだし、ポン酢はヤマサだ。
こんなファン、きっといると思う。

ふと、大学時代のマーケティングの講義で、「CMを打つのは効果的ということは判明しているが、それがどの程度効果的か、金銭的に算出することは非常に難しい」と聞いたっけ。果たして、そういう計算式は開発されただろうか。たとえばファンクラブ会員数と、その購買力…なんていう変数が使えるか? なんて考えていたら、赤坂サカスの「SMAP SHOP」が今日までだということを思い出した。時間がなくて、今年は行けなかったなぁ・・・今日もお仕事、もう一頑張り!
[PR]
by miki_renge | 2009-01-12 16:35 | ジャニーズ
<< 「派遣」の問題 「全力ウサギ」 >>