組織の3要素:「歌のおにいさん」より

相変わらず、バタバタと追われる今日この頃。来週、再来週はこれに長女の通院や保護者会が加わる。荒れたクラスの保護者会…行きたくないなぁ。

さて、先週放送された「歌のおにいさん」第3回目。
組織で誰か一人でもモチベーションの低い人間がいたら、その組織全体が成立しなくなってしまう、というお話だった(←ホントか?)

子供向け歌番組「みんなでうたお!パピプペポン」にて。
氷室王子が失脚して、露出が増えても、にっこり笑うことができない健太。うららお姉さんや守君が「笑おうよ!」と言っても、全くダメ。
健太はバンドを追い出されたとか内定取り消しされたとか、気の毒な事情も多々あるけれど、「私はここでこんなことをしている人間ではありません」というオーラを出しまくっていたら、一生懸命取り組んでいる他のメンバーはたまったものではない。

健太に、そのことを気付かせてくれたのは、専務の孫でKYなわたる君。
番組をぶちこわさんばかりに興奮して暴れ回るわたる君に、健太が「出てけよ!」と一喝。
でも、「番組に協力できない迷惑者」って、健太自身もたぶん同じ。最後はそれに気づいたんだよね。

これって、きっとどの組織も同じ。
仕事だって、嫌々その職場にいる人がいたら、その負のパワーは計り知れない。

アメリカの経営学者バーナードが唱えた組織の3要素「共通目標」「貢献意欲」「コミュニケーション」って、その通りだなぁ、と、この番組を見て改めて確認した。うーん、何と深い番組だろう、「歌のおにいさん」。
「只野仁」を深夜枠に戻して、これを木曜夜9時からにすればよかったのに。

本日、「歌のおにいさん」第4回目(関東では昼に第3回の再放送もあり)。そして大野智君、「徹子の部屋」出演。本日は一日外出なので、ビデオをセットして行こうっと♪
[PR]
by miki_renge | 2009-02-13 06:20 | ジャニーズ
<< 命を繋ぐ 「サラリーマン劇薬人生相談」 >>