命を繋ぐ

母方の祖母が亡くなった。
少し前からあまりよろしくないという話は聞いていたが、まさかこんなに早く旅立ってしまうとは、全く思っていなかった。

祖母の住まいは金沢。東京からは簡単に行ける距離ではない。母とも相談し、葬儀への参列は断念。こんなとき、近くに住んでいれば…と思う。

ちなみに、母方の祖父は、私が次女を妊娠して切迫早産で入院中に亡くなっている。トイレに行くのにも看護師さんの介助が必要な状況では、とても金沢までは行けなかった。
次女が無事に生まれたのは、祖父が見守ってくれたおかげだと信じている。

小さい頃、祖父母宅に遊びに行ったとき、ニコニコしながら迎えてくれた祖父母。2人の笑顔にももう会えない。寒いお風呂にも、掘りごたつの居間にも、もう2人はいない。
せめて、これから(も)家族を大事に精一杯生きていくことが、祖父母への恩返し、だよね。
私も、私の家族も、祖父母の生きた証の一つ。命は繋がっているんだから。

メールのお返事が滞っている方、すみません。
明日には復活します。
[PR]
by miki_renge | 2009-02-15 18:48 | 家族・育児
<< 職業訓練の有効性 組織の3要素:「歌のおにいさん」より >>