「ほっ」と。キャンペーン

自分の居場所:「歌のおにいさん」より

先日、ほぼ1年半ぶりに、アルバイト先の社労士事務所の有志の飲み会に参加した。事務所で見るのとは違う、皆の素顔。普段フリーで仕事をしている私にとって、この「雇用されている立場」の仲間というのは、とても温かく、かつ気づきももらえる、ありがたい存在だったりする。他の仕事があるから出勤日も少ないけれど、自分の居場所があると感じられて、嬉しい。素敵な仲間に出会えて、私は幸せ者だ。

さて、そんな「居場所のあるありがたさ」をひしひしと感じながら観た、「歌のおにいさん」第6話。
健太と一緒に「歌のおにいさん」をやっている守(丸山君@関ジャニ)は、健太より人気がない(らしい)ことを気に病み、歌のおにいさんを辞めようと、ミュージカルのオーディションを受けるが不合格。
「学校でも落ちこぼれ、社会でも落ちこぼれ。負け続けてきた人間の気持ちは矢野君には分からないよ!」とぶちまける守、そんな彼に健太は「俺だってジゼルのボーカルをクビになってここにいるんだ、でも一つでも居場所があるんだからありがたいだろ!子供番組で通用しないやつなんて他でも通用しないぞ!」と一喝。
(しかもそのやりとりを、熊の着ぐるみを着てやっているところが笑えるのだが)

その通りだなぁ。
プロデューサーの真鍋さんが1話で言っていたけれど、環境を変えようとする前に、まずは自分が変わらないと。環境から逃げたところで、そこから得られるものはそんなに多くないんだろうな。一方で、明音ちゃんのように、自分のやりたいことができずに、操り人形になっているのはつらいよね。結局、自分の前向きな意思が大事なんだよね。「よくできた話ですわ」@うららお姉さん(どんぐりころころ、2話)

先週は、「幸せって何ですか?」「あなたにとっての勝ちって何ですか?」と投げかけられた。子供の質問は鋭い。しかし「小学生にも分かるデイトレード」って・・・

さて、もちろん昨日のMステも録画で観た。「曇りのち、快晴」を初めてフルコーラスで聴けたわ。ジゼルのデモ曲がこの曲…どういう展開になるんだ?
[PR]
by miki_renge | 2009-02-28 11:43 | ジャニーズ
<< 「嵐」が愛される理由 「ゆとり教育世代」 >>