定額給付金

定額給付金の支給が決定した。
世論調査によると7割が反対だというこの給付金、2兆円もかけるならもっと他に回しなさいよという主張はある意味もっともだと思う。
が、私の周囲は、意外とこの給付金を待ち望んでいた人が多いようだ。たとえば年金暮らしの高齢者(うちの両親やそのお友達だ^^)。年末に派遣切りされたアラフォーな友人(ただし実家に住んでいるため、とりあえず暮らしていけるようだ)。小さなお店の店主さん。商店街の幹部の方は、「何か知恵が出せないものか」と張り切っている。

彼らが口を揃えていうのは、「“2兆円を日本の将来のために回せ”というのは、本当は困っていない人の論理。1万2千円(あるいは2万円)、もらえるなんてありがたいじゃないか」ということ。
…確かに、今は100年に1度と言われる不況。ならば突飛な(?)政策があってもいいのかも知れない。それに、総額75兆円の景気対策予算のうちの、わずか2兆円なんだし(←この考え方、自民党チックだよなぁ。でも、ただ批判ばかりするマスコミもどうかと思う。)

もっとも、「給付金」という表現は、いかにも上から目線だ。「税金還付金」などにしたら、少しはイメージが良くなるだろうに。

まぁ、どれだけの人が反対しようと、決まってしまったのだから、有効に使おうってもんよ。
ちなみに我が家は…すみません。まず1万2千円使って、長女と2人で「滝沢演舞場」に行ってきます^^;;; ケチってA席にしたら3階席だった。せっかくだからS席にすればよかった~ でも、そんなに贅沢言ってられないのも現実なのよね。「ささやかなご褒美」ということでお許しを。
[PR]
by miki_renge | 2009-03-09 16:24 | 社会・経済一般
<< 「おカネ」の話 医療保険は不公平? >>