暴走自転車と通勤災害

今日で3月も終わり。あっという間に1年の4分の1が過ぎてしまった。
次女は「はるがきたんだ」という歌をよく歌っている。保育園で歌っているらしい。この歌、長女が卒園のときにも歌ってたっけ。かわいくて、温かい歌だよね。

さて、年度末を迎え、皆忙しいからか、通勤時間帯を中心に、暴走自転車によく遭遇する。赤信号を強引に渡ったり(歩行者用信号が青のときは、当然、車道は赤。だけど自転車はこれを守らないのだ)、横からスッと追い抜いていったり。先日は後ろから引っ掛けられて、あやうく転倒するところだった。
一方で、先日は前方をフラフラと走る母と子供3人乗り自転車を、声をかけて追い抜こうとしたら、「こっちは子供が2人乗ってるんだから!気をつけてよ!」と怒鳴られた。3人乗りの方がルール違反なんじゃ…私、どうすればよかったのかな?

社労士事務所で何となく書類を眺めていたら、やはり自転車事故による通勤災害が増えているようだ。自損事故ならともかく、相手のある事故は「第三者行為災害」として、手続きも若干面倒になる。人事担当者にとっては「余計な」仕事が増えることになる。それ以上に、忙しい時期なら休業して欲しくないというのは当然の感覚だろう。
そもそも事故なんて危険だし、たとえ身体的にたいした怪我でなくても精神的にはつらいもの。このように、ほんのちょっとした不注意やルール違反が、どこにどう影響を及ぼすのか、考えて欲しい(自戒を込めて)

こういうことが頻発すると、自転車通勤は禁止と明確に示さざるを得ない企業も増えるだろう。エコだし、交通費もかからないし、健康的だし、ルールさえ守れればいい交通手段のはずなんだけどなぁ。
[PR]
by miki_renge | 2009-03-31 06:53 | 年金・保険
<< 「鬱の力」 スーパーの営業時間内に商品入れ... >>