アラフォー女性の生き方考

「満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか」という本を読んだ。私はアラフォー真っ只中だが、共感できる部分も、できない部分もあり。まず、このように「世代」で一括りされることが嫌な自分を確認した(笑) 

でも実際、本書にあるように、「アラフォー」はいろいろ。「結婚する・しない」「子供を産む・産まない」「正社員で働く・働かない」などの選択ができるようになったのはアラフォー世代からだろう。自由も増したが、その分悩みが増えたという筆者の指摘はよく分かる。

共感できたのは、「仕事」の章。筆者はアラフォー世代を、「特別な覚悟のない普通の女の子が、社会で長く働く最初の世代」と評している。確かに、私より少し上の世代の女性は、結婚・出産しても仕事を続けるには相当の覚悟が必要だったはず。もちろん均等法施行直後の私の世代も苦労はしたが、諸先輩方のそれとは比較にならないだろう。
そして、アラフォーはそれなりに鍛えられていると思う。特にヒューマンスキルは長けているのでは。「アラフォーミセスの社会復帰」については、本書にもある通り、パソコンスキルさえ磨けば意外と容易かも知れない。

それにしても、昔(笑)は、「30歳過ぎたらお局」なんて言われてたなぁ…なんて、ちょっと懐かしい(笑) 

一方で、本書の中で共感できない部分も。それは主に、裏づけとなるデータが乏しいことに起因する。たとえば「アラフォーは自分探しには熱心でも、次世代のためにという意識は薄い」、あるいは「アラフォーは精神的に余裕を持って子育てできる」ということを、たった一人のインタビューで導き出しているのは少々乱暴ではないか。また、「アラフォーは不倫経験のある人が多い」と書かれているが、そんなデータはあるのだろうか?調査もしづらいだろうが(苦笑)、筆者の感覚的なもので「多い」と書かれても…と思う。

さて、元気いっぱい、エネルギッシュだと言われるアラフォー。しかし筆者は「40代中盤までにあれこれ挑戦することは終わらせて、あとは50代に向けてやるべきこと(自分のアイデンティティとして残すべきこと)を考えるべし」とアドバイスしている。うーん、40代中盤まで後数年。その頃には、今3歳の次女も小学校中学年。どうなっているんだろう、私。
[PR]
by miki_renge | 2009-04-14 21:03 | 女性と仕事
<< 勝負脳 「全力」とグダグダ >>