「ほっ」と。キャンペーン

先週の反省と今後の対応

※すみません、検索を避けるため、敢えて分かりづらいタイトルにしております。

先日の一件以来、いろんな方から心配していただいている。このブログでもそうだし、仕事仲間、ママ友、保育園の先生まで。長女によると、昨年のクラス担任の先生は「ものすごく怒っていた」そうで(←この先生、中居担です)。いやはや、オオゴトになっちゃいましたな。

新入社員研修の仕事で、「社会人になったら、社会の一員としての自覚が必要です。自分の行動が、誰にどのような影響を及ぼすか、しっかり考えましょう」と説きながら(←かなり偉そう)、心の中で、「そーだよ、アンタのことだよ!」と絶叫する私。あぁもう、この点は全く申し開きができないよ。

ただ、今回の件で「不幸中の幸い」だったのは、

・周辺住民の方の安眠を妨げた以外は、他人に危害を加えていない
・酔っていても楽しそうだった(「ぷっすま」状態?)
・脱いだ服はきちんとたたんでいた(かなり几帳面)
・会見をすぐ開いた、会見で誠実に謝った
・世間は概して同情的(←ファンだからこう思うのか?)

という点だろうか。さらに付け加えるなら、恐らく普段から本当に真面目な仕事ぶりだったのだろう、温かい言葉をかけてくれる著名人が多いのもありがたい。ようやく私も落ち着いてニュースを見られるようになった。直後は、TVも新聞もネットも受け付けなかったもの。ミクシィのファンコミュのみ、ログインしっぱなしで情報収集したけど(爆)

ファンとしては復帰が可能なら温かく迎えてあげたい。そこで、マスコミ報道が沈静化しつつあるここ数日、彼にもファンにも、もっとも受け入れられやすい復帰プラン、及び復帰直後の仕事について検討(妄想)している。早期復帰を前提に、とりあえず考えた選択肢は2つ。

選択肢1:「ぷっすま」で見せている「自由人」「永遠の5歳児」「芸人キラー」キャラを生かす
 →今回の事件は徹底的にネタにし、笑い飛ばす(もちろん反省した上で)
 →CMはアルコール飲料のものから再開、「飲み過ぎないでね」が決め文句
   あるいは車のCMで「飲酒運転厳禁」と言ってもらう
   (●ヨタレンタリースのCMで、一言付け加えるだけでOKと思うのだが)
 →バラエティで、お笑い芸人とのコラボものから復帰
   (アメトーク「酒飲み芸人」、もしくはタモリ倶楽部あたりでどうでしょう?)

選択肢2:会見で見せたような誠実さ(以前から一般に与えていたイメージ)を生かす
 →今まで契約していた企業のCMには、お詫びを込めて、当面ノーギャラで出演
 →加えて、過去不祥事を起こした企業のCM出演なんてどう?
  その手のドキュメンタリーのナレーターも可
 →ドラマで、「どん底から這い上がる」系のものから復帰
 →謹慎中に勉強して、「頑張ったね」と世間に思わせるような登場をしてほしい
   (もう一ヶ国語覚えてくるとか 笑)

「ぷっすま」のコアなファンなら選択肢1でも受け入れられると思うが(今回の件で男性ファンが増えた、一部では「神」と呼ばれているらしいと、ファンの集う某掲示板に書いてあったし、SMAP内でのポジションを勘案しても、「自由人」キャラはもっと押し出したい)、ジャニーズとしてのイメージを通すなら選択肢2かな。
その他、選択肢3として、「世間一般が忘れる頃まで謹慎」も考えたが、本人も出てきづらくなるだろうし、ファンもそんなの嫌だ。「災い転じて福となす」と信じて、早く戻ってきてほしい。

…改めて読み直してみて、我ながら貧困な発想(汗)ダメだ、客観的に考えられないっ。どなたか、いい案があったらご教示下さい。いや、普通に帰ってきても大丈夫だとは思うんだけど。
[PR]
by miki_renge | 2009-04-29 16:45 | ジャニーズ
<< 時間に追われる理由 冷静に… >>