自信を持って、ワクワクしながら働きたい

土曜日は、こちらでも紹介させていただいた「ワーキングマザー予備軍」のためのセミナーにお邪魔してきた。会場は女性だけでなく、夫婦でこのテーマを考えたいという男性の姿も。

まず、「再就職を目指す女性をめぐる環境」という基調講演。逆風が吹き荒れていると思われがちだが、実はそうでもないということがデータで紹介される。
それを受け、インブルーム合同会社様の野村代表より、「お仕事復帰する主婦層の強み」について、納得性の高いお話が。そう、年を経た分、コミュニケーション能力は高いし、社会人としての基礎的素養はあると思う。まぁ、人によりけりなのだろうけど。
その後、実際に8年のブランクを経てフルタイム勤務したNさんの体験談があった。8年のブランクといっても、その間も内職や深夜のコンビ二パートなど、できることに真剣に取り組みつつ、「いつかフルタイム復帰を!」と強く決意していたNさん。今は管理職として働いているという。

こうして、将来の明確なイメージを持つこと。そしてどんな仕事でも腐らず、一生懸命取り組めば、神様は見ていてくれるってことだよね…

ポカポカと温かい気持ちになって、セミナーの帰り道に購入したのは、「プレジデントファミリー7月号」(笑) 特集は、「大変身!ママが輝く働き方」。40代で転職、再就職した方の事例が掲載されているが、皆、過去の自分の人生も含めて、自信を持っている様子が伝わってきた。もちろん、「いい面」しか書いていないのかもしれないが、共感できる部分が多々あった。

今の私は、まだ目の前の仕事に追われていることが多い。もっと自信を持って、ワクワクしながら働きたい、そう思った1日だった。

ワクワクといえば、昨日の「天地人」の、直江兼続と石田三成の会話はしっとりと、でもワクワクしましたなぁ。
昨日午前の「題名のない音楽会」の吹奏楽特集も懐かしかった(←一応吹奏楽経験者。高3のコンクールの課題曲「風紋」、何年ぶりに聞いただろう)。
そして「彼」の復帰がついに今週になりましたよ。ファンクラブの番協メールが回ってきたけど、区の窓口相談の出勤日だった^^; あぁ残念。仕方ないから「ポン酢」と「アリエール」を大人買いしてきたわ。
[PR]
by miki_renge | 2009-05-25 12:39 | 女性と仕事
<< 労働相談の本2冊 モチベーションはシンプル(「企... >>