地元の「商工まつり」にて

週末の2日間は、地元の「商工まつり」に参加してきた。

土曜は、一人の客として。
今年のテーマは「介護・福祉」。「任侠ヘルパー」に合わせてくれたのね(違う?)
長女は車椅子体験をさせていただいた。某車椅子メーカーの方と話していたら、その方のお嬢様もうちの娘と同じく元未熟児ということが判明。歩行に若干不自由を感じていたり、成長ホルモンの注射を打ったり。あぁ、同じだ。
その方、長女に、「強く生きていけ、自信を持て」と話して下さった。同じ体験をした人と話ができて、心強い。

また、娘達はテレビ電話も初体験。そのお手軽さにびっくりしていた。
ステージでは手話サークルが「ありがとう」@SMAPを手話で歌っていた。
ハンディがあっても、きっと可能性はたくさんあるんだろうなぁ、と思った。

一方、日曜は、地元の中小企業診断士会のメンバーとしてブースのお手伝い。今回はその存在を知ってもらうための出展だったが、制度融資について質問をしていかれる方もいた。少しでも誰かの役に立てたなら、嬉しい。

うちの区を地盤とする某政治家さんもブースにやってきた。恐れ多くも名刺を頂戴してしまった。テレビで見るより、ずっと美しい方だった。

が…ブースを離れて営業に回っていたら、偶然、お化粧のブースを出しているママ友に出会い、「ちょっと寄ってって~」と声を掛けられる。あれよあれよと言う間に顔は変わり(苦笑)結果的に長めの休憩時間をいただく
ことに。診断士会の皆さん、ありがとう。特に焼き鳥を取っておいてくれたS先生、ありがとう。そしてお化粧をしてくれたKちゃんママにもありがとう。

この手のおまつりは、いろんな出会いがあって、いろんなビジネスのネタも転がっていて、ホントに楽しい♪
[PR]
by miki_renge | 2009-07-27 06:34 | 仕事場にて
<< いじめ粉砕の法則 老人虐待(「任侠ヘルパー」より) >>