格差は遺伝する!?

土曜日、長女が39.6度の熱を出した。インフルエンザの簡易検査では陰性で、実際、日曜には平熱だったのだが、さすがに心配した。体調もさることながら、学校でバイ菌扱いされるのだろうなぁ、と。クラスではまだ出ていないらしいから…

さて、格差に関する執筆をする必要性に迫られ(汗)、「格差が遺伝する!」という本を読んだ。副題は「子どもの下流化を防ぐには」とあるが、一読して、「そう言われても今さらどうしようもないなぁ」と思ってしまう部分が多かった。まぁ、そういう傾向もあるよね、ということで理解したい。

今回、特にやりきれないなぁと思ったのは、「父親が土日休みの方が、子供の成績がよい」というデータ。曰く、

●普通のサラリーマンは土・日休みが多いが、主に第3次産業の仕事は土日両方休めるケースは少ない。
●しかし、過去30年にわたって日本で増えてきたのは第3次産業の就業者。彼らは、土日休みの就業者に比べて学歴が低い。
●便利になったことで、深夜でも働かなければならない人が増えてきた。両親の生活時間が不規則になると、家族一緒の時間が減り、子供にも悪影響。
●子育て期にある父母が、土日や夜に働くのは好ましくないはずだが、より高い賃金を求めて、土日や夜に働こうとする。

うーん、構図は分かるんだけど…第3次産業で、誇りを持って働いている人だってたくさんいるだろうし。現実とは言え、こんな書かれ方したら、サービス業、特にこれからの高齢化社会、医療、介護、福祉職につく人は「負け組」とみなされ、激減するかもなぁ。
あぁ、私自身も第3次産業だった^^; しかも土日なんて関係ありませんわ。

その後の方のページで、「多様な価値観を忘れないでいたい」という小見出しがあるが、正直、心に響いてこなかったりする。私の僻みか(笑)

それでも、「成績のよい子の母親は料理好き」「成績のよい子の母親はお弁当を手作りする」というデータは、一応覚えておこうと思う。
[PR]
by miki_renge | 2009-09-28 06:47 | 社会・経済一般
<< マスク 実務補習が一区切り >>