マスク

今週から、次女の保育園ではインフルエンザ対策のため、先生方が全員マスクをすることになった。確かに多くの乳幼児を預かる施設、至極もっともな対応だとは思うが、いよいよ危機感を煽られる。

さて、今日は2週間ぶりの融資窓口勤務日。
出勤すると、机の上にマスクのたくさん入った箱が置いてあった。そして、「これからしばらく、窓口担当の職員は全員マスクをするように」という指示。
おおっ、ここにも来たか!

お客様には、「インフルエンザ対策でマスクをしています」と挨拶をしてから本題に。
話しにくいよぉー、お客様、私の話を聞きとってくれているかなぁ。
わざとボケをかましたり笑いをとったりして、相談にいらした方の気持ちを和ませようと、いつものようにさまざまな作戦?を取るのだが、顔の下半分が隠れている状態で、それが通用するのだろうか…もともとメガネをかけてるし。表情がはっきりしない分、「何だこの担当者?」と怪しまれたのではないだろうか。
そして、隣の窓口にいらした先生は、勤務終了と同時に、「うーっ、暑い」とつぶやいていた。

でも、マスク、きっとしないよりした方がいいんだよね。
窓口対応の人間がマスクをしているのって、どういう印象なんだろう?こういうご時世でなければ、失礼にあたるのかしら?
オシャレなマスク、苦しくないマスク、話していても声が籠らないマスクがあったらいいのにな。
[PR]
by miki_renge | 2009-10-01 17:13 | 仕事場にて
<< 謝罪力 格差は遺伝する!? >>