保育園を巡るいくつかの疑問

一昨日、昨日と仕事がダブルヘッダーだった。でも一昨日は以前勤務していた職場にお邪魔することができ、疲れも吹っ飛んだ。退職して10年近く経っても以前の職場とつながっていられるなんて、本当に嬉しい。

さて、先日来報道されている、保育園設置基準緩和のニュースが気になっている。
現在の保育園の待機児童は2万5千人、その多くは都市部に集中しているため、大都市部のみ、待機児童問題が解消するまでの一定期間に限って居室の面積基準を緩和する、とのこと。
保育の質が維持できるか心配だが、これは仕方ないのだろうか。
いや、「それでもいいから預けたい」という人の方が多いんだろうな。「任侠ヘルパー」でやってた劣悪介護施設が頭をよぎってしまった。

マスコミでは「保育園に入れず仕事を辞めざるを得なかった人もいる」と報道しているが、こういうニュースに接すると複雑な気分になる。私の周囲(主に長女のママ友)でも、保育園に入れずやむなく退職した人はいくらでもいる。だから「何を今さら」と思ってしまう。そりゃ、経済状態も当時とは違うけれど、「やむなく退職」の悔しさはいつでも同じはずだ。現に「当時から周囲に待機児童のことを訴えてきたのに、今まで全く相手にしてもらえなかった」と憤るママ友も少なくない。事態が改善するならそれでいいんだけど…

もう一つ。最近、仕事で必要に迫れて、保育園関係のBBSやSNSを覗いているのだが、保育園や保育士への不満が多いことに驚いてしまう。しかも内容は、「両親が休みの日に子供を預けようとしたら断わられた」「お迎え時間に(連絡せずに)遅刻したら怒られた」というもの。それに対して、「園長や役所に相談を」という返信の数々。根底に流れるのは「高い保育料を払っているのだから、それくらいやってもらって当然だ」という思い、か。そういえばうちの園でも、保育士さんが子供の洋服をよそのお子さんのカゴに入れたといって、担任を怒鳴りつけているママがいたっけなぁ。
これって、園や保育士さんを委縮させたり、保育士の人材確保に影響することはないんだろうか?もちろん本当に園に問題があるケースもあるだろうから、一概には言えないけど。

保育園のことは、いろんな問題が少しずつ絡み合って、話を聞くと何だか割り切れない。
[PR]
by miki_renge | 2009-11-06 05:09 | 女性と仕事
<< 週末の活動日誌 診断士の業界用語 >>