「Beautiful days」

いきなりカミングアウトしてしまうが、ついに「不惑」を迎えてしまった。
そんな夜は、家族にカレーライスを準備して、支部の研究会へ(笑)

講師は人事労務管理の世界では知らない人はいないであろう、楠田丘先生。
とても分かりやすく、かつユニークなお話を聞くことができた。
年功給から生活給へ、そして職能給へ移行する流れ。
職務給が日本に定着しない理由。
日本型成果主義を作り上げていく必要性。
何となくは分かっていたけれど、第一人者の説明は非常にクリア。

もう一つ、楠田先生は「加点主義」の重要性を強調されていた。
人間、ほめられれば動くし、尊重されていないと思えば動かない。単純なものだ。
きっと先生ご自身が明るくポジティブに物事を捉えてきたから、こう思えるのだろう。実際、80代半ばになってもとてもお元気。私もこうありたいなぁ。

60歳なんてまだまだ赤ちゃん、なのに60歳定年なんて間違っている、と主張されていた先生。研究会終了後、思い切って、「私、今日、40歳になりました」と声をかけてみた。先生はにっこり笑って、私のノートにサインして下さった。一瞬、著書を持っていけばよかった~と後悔したが、それでもこのノートは宝にしよう。何かいいことありそうな、40代の始まり。

帰り道、最寄駅を降りたら、クリスマスのイルミネーションが目に入った。夜出歩くことなんて滅多にないから気付かなかった。
その瞬間、「Beautiful days」@嵐が頭に回り始めた(笑) 空に輝くよキラリ★
[PR]
by miki_renge | 2009-11-17 13:30 | 雇用・人事
<< 事業仕分け 「ねんきん定期便」がやってきた >>