続・ ジャニーズに関するいくつかの私見

昨日は「歌おに」コンビ、大野君@嵐&丸山君@∞の誕生日。もちろん一家(ただし夫を除く)で、「VS嵐」と「歌おに」DVDを見ながらお祝いした。
一昨日の朝は渋谷を通ったら、ハチ公口の上で嵐ちゃんが戯れていた。道玄坂をちょっと行くと、SMAP5人が「Come on!」とこちらを見つめていた。これがあるから、仕事だって頑張れちゃうのよ^^

さて、先日に続いてジャニーズネタですみません(何のブログなんだか…でも、この日のアクセス数が異様に突出してたんだよね、読んで下さった方、ありがとう)

最近は(たぶん)ジャニーズファンでない一般人(?)から、「嵐がSMAPを超えた」という声も聞く。ファンからすると、2つのグループは全く別物で、たまたま「ジャニーズの5人組」「携帯電話会社のCMに出ている」(笑)という共通点があるから比べやすいのだろうと推測できるくらいなのだが、世論が比較したくなる気持ちも分からないではない。

ただ、嵐の快進撃がなくても、SMAPは過渡期を迎えているんだと思う。
年齢的には全員が30代半ば。一般的に「アイドル」と呼ばれる年代から離れつつある。
少し前は、慎吾ちゃんが大河ドラマ「新選組!」に出て、木村君が「華麗なる一族」のような社会派ドラマに出て、中居君もシリアス系のドラマや映画に出て、吾郎が「トライアングル」で助演でいい味だしていて、「あぁ、路線変更するんだなぁ」と思っていた。
しかし、今年のドラマ(「こち亀」「婚カツ」等)や、「an・an」の恋愛特集を見ていると、「やっぱり違う?」なんて考えてしまったりして…先日書いたように、いよいよスマスマもつまらなくなったし。そして今年も、嫌いな「さんスマ」の季節がやってくる^^;

草なぎ君だけは「任侠ヘルパー」で新境地を開いたと思うんだけどねぇ。いや、それは4.23事件によるものか?(汗)

まぁ、そうは言っても、これまでも先駆者として新たなアイドルとしての道を切り開いてきたSMAPだもの、「中高齢アイドル」(←適切な表現が見当たらないのだが、決して馬鹿にしているわけではないことをお分かりいただきたい)という地位を確立してくれるものと信じている。
嵐だって、他のジャニーズアイドルだって、いつかは通る道(←TOKIOを除く 笑)。きっと後輩達に何らかの示唆を与えてくれるに違いない。

でもね。たった一つ比べるとするなら…嵐の歌と踊りは、SMAPより安心して見ていられる(爆) 今日はこれから商店街関係のお仕事。「言葉より大切なもの」のPVを脳内再生して出かけよう。
[PR]
by miki_renge | 2009-11-27 12:41 | ジャニーズ
<< ペットビジネス ジャニーズに関するいくつかの私見 >>