中小企業もいろいろ

今月4日から「中小企業等金融円滑化法」が施行された。
区の融資相談で、中小企業の社長さんや金融機関の方とお話していると、いろんな思いが込み上げてくる。この法律で真に救われるのはどんな企業なんだろうとか、リスケを申し出る企業を金融機関はどう見るのだろうとか、景気は本当に良くなるのかとか。
まぁ、決まったからにはそれに従うしかないんだけど。

今朝、「新報道2001」で診断士仲間が話していたけれど、この状況下、淘汰される中小企業は出てくるだろう。それはそれで受け止めるとして、再チャレンジできる環境が整備されて欲しい。

これからどうなるんだろう…と漠然と考えながら、本日向かったのは「わくわくワークフェスタ in 世田谷2009」。世田谷で活躍する女性起業家の皆さんの展示等を見てきた。
手作り雑貨や子育て支援、癒しなどさまざまな分野の起業家が出展していたが、共通して感じたのは、「この仕事が好きで、誰かの役に立ちたくてやっているのだろうなぁ」ということ。それがパワーの源なんだよね。

いろんな企業があるよね、と改めて感じた1日。
その分かれ目はどこにあるんだろうね。それが分からないとうまく支援できないよ…

さて、この「わくわくワークフェスタ」で、ずっとお会いしたいと思っていたブログ仲間にお会いできたのが、本日何より嬉しかったこと。ありがとうございました^^
[PR]
by miki_renge | 2009-12-06 16:53 | 社会・経済一般
<< 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2... 「士業再生」 >>