回覧板

年末。ただいま静岡の実家に帰省中。
骨折のため帰省できるかどうか不安だったが、松葉杖をつきながらもどうにか戻ってくることができた。仕事がたまっているため、今回はPCも持参だ(汗)

帰省してまず私を出迎えてくれたのは、お隣さんからの回覧板。
東京でマンションに住んでいると、回覧板にお目にかかることがない。

回覧板に挟んであったのは、防災訓練の反省事項をまとめた資料と、地元中学(=私の出身中学)のPTA広報誌。
まず、このあたりでは年に2回の防災訓練が義務付けられているのだが、反省事項の細かいことったら。PDCAをしっかり回しているということか。
また、資料の最後には、「防災訓練はマンネリになりがちですが、有事のときの行動パターンを身体に覚えさせるのは非常に意義あることです」と書かれていた。
さすが、今夏の大地震でもびくともしなかっただけのことはある。

もう一つ、中学の広報誌。
いかにも「田舎の純朴な中学生」という容姿の若者達が、文化祭などの行事に取り組む様子が掲載されていた。こんなふうに情報発信すれば、地元中学に対する親近感もわくだろう。
それにしても、紹介されていた中学生の名前が「すべて読める」のには驚いた。むしろ「明治生まれです」と言っても通用するくらいの名前もある。

回覧板がまだ生きているのは、コミュニティが残っているということ。人間関係が希薄な東京に住んでいると、何だか羨ましい。

いやいや、今年も、ネット上でももちろんリアルでも、さまざまな方にお世話になった。私の仕事を応援してくれた方、子供の健康状態や、4.23事件以後の私の精神状態を心配してくれた方、骨折のお見舞いを下さった方…本当に多くの方に支えられて生きているということを実感した。感謝カンゲキ雨嵐である。

さて、今日は例年通り、紅白歌合戦とジャニーズカウントダウンコンサートを観る予定。紅白で「下克上コント」はありうるのか、そして嵐はカウコンに間に合うのか?
動きづらい私のために表参道のポスターをメールしてくれた仲間も。ありがとう!!

来年も素敵な年になりますように。
[PR]
by miki_renge | 2009-12-31 08:02 | 社会・経済一般
<< もし人間に点数をつけたなら(「... NICU卒業生の行き先は >>