ガールズトーク!?

思えば就職したときから、「男の中に女が1人」状態で仕事をすることが多かった私。新卒で入った職場では女性総合職はまだごくわずか。診断士の世界も女性は少数派だし、現在の主なお客様である経営責任者の方も男性であることが多い。つい、「しっかりしなきゃ」と肩に力が入ってしまうことも。
だから、女性同士でまったりと、仕事に関係のない話をしている時間というのは、私にとってとても貴重なものだ。

昨日は社労士事務所勤務日。お昼に同僚数人とランチに出かけ、どうでもいい話(?)で盛り上がる。どこのスキー場がどうだとか、誰かの結婚式がどうだとか、相葉ちゃんは相当なおバカだとかTOKIOは男くさいとかHey!Say!の薮君はめっちゃかわいいとか。
…他の仕事との関係で時間がやり繰りしにくくなってもこの社労士事務所を辞められないのは、このどうでもいい時間と同僚が大好きだから。

そして夕方は保育園の保護者会。フリートークの時間に出てくるのは、「仕事で疲れて帰ってきた後、なかなか夕食を作る気になれない」「うちの主人が…(以下愚痴)」というもの。そうそう、みんな同じなんだよね。あ、素敵な殿方が参加しているご家庭もあったけど。

このおしゃべり、「ガールズトーク」というには年齢制限にひっかかりそうだけど、こういう時間があるからまた頑張ろう!という気持ちになれる。ほんのちょっとしたことだけど、電車内で「淡麗」のポスターに遭遇するのと同じくらい、幸せを感じるひととき。
[PR]
by miki_renge | 2010-02-10 10:42 | 仕事場にて
<< 看護職のワーク・ライフ・バランス 「保育園の不合理」 >>