「ほっ」と。キャンペーン

強くなりたい(「バンビ~ノ!」より)

5月も間もなく終わり。何だか気ぜわしい。そのせいか、ちょっとした一手間がなかなか掛けられず、「こうすればよかった」と凹むことが多い。組織で働いていたら同僚がいて、気分転換もできるんだろうけど…1人だと、自分の心のマネジメントも仕事のうち。

というわけで、今さら「バンビ~ノ!」の再放送を観て、自分を元気づけていたりする(笑)

確か本放送のときは、初めの方の回で松潤がボコボコにされるのがつらくて、観るのを止めてしまったんだよなぁ(今から考えれば「スマイル」よりましだったけど) その後、最終回だけ観て、間を飛ばしたのを激しく後悔した記憶が…

一人前の料理人を目指し、つらくても歯を食いしばって耐えたバンビ(松潤)。
学生気分で博多から上京してきた直後は、鼻持ちならない嫌な奴だったけれど、バンビが偉かったのは、自分の弱さを素直に認めたことだ。そしてもう一つ、落ち込んでもすぐ立ち直れる、切り替えの早さは羨ましい。そのひたむきさ惹かれるのか、少しずつ仲間が増えていく。

特に好きなのは第5話の「働くということ」。
料理人希望なのに、「お客様の気持ちを知ることも勉強」と言われ、ホールに回されたものの、不満がつい顔に出てしまうバンビ。お客様から、「アナタの顔を見ていると料理がまずくなる」と言われてしまう。
まぁ、食事を楽しみたい客からすれば、仏頂面のスタッフは迷惑なだけだよね。どんなに美味しい料理が出されても台無しだよ。厨房のメンバーだって、自分が心をこめて作った料理、味わって欲しいだろうしさ。

「厨房に戻りたい」と訴えるバンビ。しかし、副料理長に「目の前のことに一生懸命になれない奴に、夢を語る資格なんてない。皆、何か満たされない思いを抱えながら働いているんだ。それでも皆、投げ出さずに働いてるんだ。働いて金をもらうというのは、そういうことだ」と一喝される。

ホントにその通りだよね。明け方、タクシーの運転手さん、新聞配達員さん、酔っ払いを介抱する警察官を見て、自分で気づいて学ぶバンビは偉い。バンビみたいに強くなりたいなー、と、「We can make it!」を聴きながら思う。これも元気の出る歌だよね^^

【追記】5/28 6:00AM
松潤の月9ドラマが決まったらしい。このドラマのような、キラキラな笑顔を見せてくれる役だろうか?
[PR]
by miki_renge | 2010-05-27 17:14 | ジャニーズ
<< 創業には覚悟も必要 西小山ミステリーツアー >>