失敗で落ち込まない

ようやく週末。
今週は、区役所の相談窓口に2日出て、社労士事務所に出勤して、支援先にも行って、その合間?に長女の保護者会と難聴学級と耳鼻科通院。いっぱいいっぱいの週だった。
予定が立て込んでくると気持ちも焦って、ケアレスミスも増える。1週間でさまざまな方に迷惑を掛けてしまった気がする。
こういうときはつい落ち込んでしまうが、そんなときに思い出すのが、社労士事務所の所長の言葉。
「一つのミスでいちいち落ち込んでいたら、仕事なんてやっていられない。反省は大事だけど、気持ちの上でそれを引きずらないのが本物のプロ」。
百戦錬磨?の所長の言葉はいつだって「なるほど感」にあふれている。いつまでもグズグズして、他の仕事に悪影響を及ぼすのが一番怖いものね…

昨夜は、「女性診断士の会Ami」の例会にも参加した(←一応、幹事の1人だったりする。たいして働いていないが)。支会でもご一緒している大先輩が、「経験発表」として、これまでのキャリアとこれからの夢を話して下さった。将来を見据え、着実に経験と勉強を重ねられてきた様子に感銘を受けた。
「大局を見よ」というお話に、失敗で落ち込んでいられないと自分を奮い立たせる。

それでもしんどいときは、「きっと大丈夫」@嵐でも脳内再生しながら、力を抜いて休む(笑) 回り道もたまには悪くない♪  あるいは、「怪物くん」第7回のラストの台詞を唱えてみる。「つらい思い出だって、最高なんだ」と。いよいよ明日、最終回のこのドラマ。制作発表時は「大ちゃんの才能の無駄遣い」だと思っていたが、結局最後までしっかり観てしまいそう。
[PR]
by miki_renge | 2010-06-11 21:51 | 仕事場にて
<< 女性の就労継続に向けたサポートとは 東京キャラクターストリート >>