自分の問題意識を整理する

今日は、3年前からお付き合いさせていただいているこちらのコーチのスペシャルセッションを受けてきた。超人気のこのセッションを受けられるなんて、とても貴重なこと。

このところ(ブログでも何回か書いているが)、仕事と家事・育児に終われ、ちょっと疲弊していた。コンサルという仕事にしても、育児にしても、「ここまでやればOK」というものはない。もちろん、この仕事を選んだのは自分だからそれは覚悟すべきだし、子育ての苦労なんてほんのいっときかも知れない(否、障害児はそうはいかないかも知れないが…)

そんな問題意識をコーチに話してみると、「あなたの場合、たぶんどんな状況になっても満足できないと思う」と一言。
…うーん、そうかも。何をやっても「これでは足りない、まだまだ努力しなきゃ」と強迫観念にさいなまれてしまいそう。それが前向きな努力ならともかく、私の場合はちょっとポイントがずれているせいで、無駄に苦しんでいる、らしい。

それから、いろんな話をした。
自分が満たされてこそ、仕事も家庭も上手くいくであろうこと。
自分の欠けている箇所ばかりを見ないこと。
努力ではどうにもならないことに、とらわれすぎないこと。
考えすぎない、結果はあとからついてくる…

正直なところ、まだ消化しきれてはいない。ただ、空回りし続けた自分が変わるきっかけはここかも知れない、と感じられた。今のタイミングでこのセッションを受けられて、本当に良かったと思う。感謝。

BGMは「もう一歩」。今日はニノのお誕生日。
[PR]
by miki_renge | 2010-06-17 21:11 | 仕事場にて
<< 「救児の人々」 女性の就労継続に向けたサポートとは >>