美しく老いる

先日の役所の窓口勤務日、相談員の机の上に融資関連の資料とともに置いてあった1枚の紙。
そこには、
・ぼけない五カ条
・美しく老いる生活十訓
・つもりがい十カ条
・人生は七十才より
が書かれていた(内容はネットで検索を)。

相談員の誰かが回覧したのだろう。
こういう「生きる姿勢」って、ときどき見直さなきゃいけないなーと、昼休みにコインコピーに走り、その紙を手帳に挟む。
同僚(といっても大先輩だが)相談員は皆尊敬できる人。その人たちがこれらを心に刻みながら仕事をしているとしたら、私もそれを目指したい。

ふと、少し前に購入した「女40歳からの『不調』を感じたら読む本」を思い出す。
「女性の40代は体調の大混乱期」と知り、ちょっとひるんだが、「使える“気”が少なくなる」ことをあらかじめ認識して、ときどき立ち止まりながら歩いていくのがいいのだろう。
確かに20代、30代を突っ走ってきて疲れもたまっているはず、無理も利かなくなっているはず。40代に「いかにムダに頑張らないか」ということが、50代で急に老け込まない鍵だと言われると、納得。

いやぁ、こういうことを考えるお年頃になったのね、私も。
[PR]
by miki_renge | 2010-09-03 06:15 | 仕事場にて
<< 凹んだときに 暑い… >>