ついに社労士登録

突然だが、本日付けで、「社会保険労務士」を名乗れることになった。
先月、登録手続きをしたのだ。

社労士試験に合格して早7年。社労士事務所に(非常勤だけど)勤務し始めて4年半。
とりあえず、そう複雑ではない手続きならできるようになった。就業規則などの各種規定作成にあたって留意すべき点や、労務トラブルを避ける勘所も何となく分かるようになってきた。
労務案件に関してアドバイスを求められる場面も増えてきたし、そろそろ社労士を名乗ってみようかな、と思えるようになった。事務所の所長にも温かく背中を押してもらったのが、「今さら登録」の理由。
…といっても、まだまだ半人前だけど。

登録月に11月を選んだのは、自分の誕生月と嵐のCDデビュー月が11月という、ただそれだけ…すみませんねぇ、こんな理由で。

なお、登録区分は、開業ではなく勤務。東京社労士会での所属は、勤務先の社労士事務所がある渋谷支部となる。

さて、登録手続きの日のことを書いておこう。
受付でまず、試験合格証書や住民票などの必要書類を提出する。
書類をチェックしていただいている間に、今後の登録の流れや社労士会の概要等について説明を受ける。診断士との違いに着目してお話を聞いていると、なかなか興味深い。
ただ、いただいた資料はずっしりと重かった。手続き終了後、保育園に直接お迎えに行く予定で、帰り道のルートなどを調べておいたのだが、とてもじゃないけれど保育園から自宅までの片道20分を歩けないと思った(これから登録に行く方は要注意^^)

これから、さらに気を引き締めて、仕事していこうと思う。
ガンバです^^
[PR]
by miki_renge | 2010-11-01 20:39 | 仕事場にて
<< 「高校中退」をどうみるか 仕事の価値:「フリーター、家を... >>