仲間力(+嵐国立コン・ネタバレあり)

「日経エンタテインメント!」12月号の特集は「仲間の力」。
この特集を読むまであまり意識はしていなかったけれど、確かに2010年は「仲間っていいなぁ」と心を揺さぶられるような出来事がたくさんあったような気がする。特集内にもあるけれど、ワールドカップだったり、チリの鉱山事故での生還だったり。「もしドラ」だって仲間の物語だよね。
一人のカリスマが全体を引っ張る形ではなく、そこに居合わせた仲間が徐々に結束し、単独では生み出せないようなパワーを発揮するようなことが、さらに周囲の共感を呼ぶのだろう。

その最たるものが、今号の表紙にもなっている嵐(←結局そこかい!)
この5人も「たまたまジャニーさんに選ばれた」だけ。松潤が大ちゃんに敬語を使っていた頃や、翔さんと相葉ちゃんに会話が生じなかった頃、にのあいが総武線で帰っていた頃を経て、今の「ゆるーく、対等な」関係があるのだろう(でも大宮はベタベタしてるけど)

11月21日の東京ドームコン、行った人のレポによると、大ちゃんのサプライズ誕生祝い、ものすごく綿密な計画だったらしいね。昼食を2回食べた人、いったん会場から出た人、MCを全く聞いてもらえなかった人など(笑)

さてここで、夏の国立コンのレポを書いていなかったことに気付く。
当時は「これは絶対にネタバレしない方がよい」という確信があったのだ(いや、単に忙しかっただけという話もあるが…)でも、国立とドームではセトリも大幅に変更されたようなので、簡単に書いておこう。DVD発売まで見たくない人はお帰り下さい。ちなみに着席ブロック、スタンドの前から2番目、バックステージ目の前という神席。長女は相葉うちわ、次女は大ちゃんうちわ、私は節約のために2001年製のニノうちわを持っての参戦でした。




【↓こんな感じで社労士事務所の潤担に報告しました↓】

・まだ明るい開始時刻ピッタリに嵐さんが滝のなかから登場。オープニングは「movin'on」。
・「Troublemaker」から「Happiness」、そして「Attack it!」と、盛り上がる曲が続く。
 ここで「盛り上がってんのぉ~」「はぁ~ぃ」「いらっしゃいませ~」のメンバー挨拶。
 DVDでしか観たことがなかった光景…本物だ…
・ソロはニノから。「1992*4##111」。あのー、かわいいんですけど。
・Summer Splash!と叫ぶ翔さん。
・続く「T・A・B・O・O」での翔さんに鼻血が出そうになる。
  レストランでこの曲が流れたら、とてもじゃないが落ち着いて食べられないと思う。
・「One Love」で松潤に、「百年先も愛を誓うよ」と歌われ、失神しそうになる。
・MCでは相変わらずの相葉いじり。ニノのドSに萌える。
・「怪物くん」は「大仏くん」ではありません。
・気付いたら暗くなっていた。ペンライトがきれい。
・「ギフト」~「マイガール」からの流れは美しくて泣ける。
・伝説の?相葉ソロ「Magical Song」バクステ側で。相葉担の長女、目の前の電飾衣装に固まる。
・鉄板のヒットメドレー、トロッコで動きながらの「ピカンチダブル」「Love so sweet」「言葉より大切なもの」は娘と3人、一緒に絶叫。
・「サーカス」から「Monster」からの流れには息を呑む。センターステージでの5人揃ってのダンス、これぞ「踊る嵐」。「やればできる子」大野さんの実力を確認する。
・最後の挨拶。「芸能界の荒波」に負けるな、にのあい。
・アンコール。 「空高く」で風船が上がった。歌にぴったり。夜風が涼しい。
 続く「ファイトソング」ではこぶしを前に突き出して一緒に歌う次女。
 「Beautiful days」ではバックに花火。ニノが「花火がきれいだね~」と替え歌。
・「サクラ咲ケ」、「感謝カンゲキ雨嵐」、これを聴かずに帰れない。
・ダブルアンコは「Love Rainbow」、相葉ちゃん、その後ドラマ観た?

噴水あり、火柱あり、花火は上がるは風船は飛ぶわ。演出も最高。
5人ともテレビで見るよりずっと素敵だった。特に松潤は200%増しで美しい。ニノは200%増しでかわいい。相葉ちゃんは常に跳んでいた。翔さんは常に慈母のような温かな眼差しだった。そして、大ちゃんはやはり黒かった(笑)

あー、思い出して元気が出たよ。またアルバム聴いて頑張ろっ!
[PR]
by miki_renge | 2010-11-28 10:46 | ジャニーズ
<< 手帳2011 遊月ひわさんのインタビュー >>