本を出すことになった(その3)

「本を出すことになった(その2)」より。

初校を返送した頃から、販売促進について打合せを進めていた。
編集のIさんや、出版社の販促担当の方、そして共著者とともに、販促用ホームページの案を出し、チラシを作り、書店用のPOPを作り、広告をどこに出すか、検討する。予算も限られているため、基本的に自分達でできることを考える。

本が発行されてからは、都内の大型書店を巡り、共著者で準備したPOPをお渡ししてきた。声を掛けるのは緊張するけれど、快く受け取ってくれた書店の方に感謝。
また、出版社の営業担当の方が頑張って下さり、こちらの書店にはサンプル本も置かせていただいた。このサンプル本は、共著者で「ここを特に読んで欲しい!」という箇所にコメントを付箋で付けたもの。【こんな形で置いて下さいました↓】
b0038741_6462284.jpg
そんなこんなで、どうにか形になり、世の中に出始めた本。
まだまだ書き足りないこと、こうすればもっと良かったのに!と思うことも多々あり、活字として残る文章を書くことの難しさも知ったが、まずは発行に関わって下さった人、本を読んで下さった人すべてに、心から感謝。

◎以前もご案内したように、出版記念セミナーを1月20日(木)、銀座にて行います。
 詳細はこちら
 教育担当者の方、人材育成について考えたい方のお越しをお待ちしております^^
[PR]
by miki_renge | 2010-12-29 06:50 | 仕事場にて
<< ジャニヲタ的年越し 子どもより介護支援を:「任侠ヘ... >>