地震の影響

節電のため、短めに。

地震の影響はあまりに大きくて。
今日は行政窓口の出勤日ではないけれど、朝9時前に区役所の職員さんから、「今日の担当相談員の先生が交通遮断で辿りつけないのですが、出勤可能ですか?」との電話。実は今週は、地震の影響で多くの予定が吹っ飛んでしまったので(←その代わり来週以降がコワイ)役所から徒歩圏内の私はもちろん了解。
今週は、出勤が多くなりそうだ。もともと年度末で資金需要が高まるとき。この程度でもお役にたてるなら、喜んで引き受けますよ。

でも、やっと息を吹き返した自動車産業には打撃だろうな…
飲食関係も、食材の仕入れが可能なのかな、と不安になる。
建設関係は復興需要が見込めるけれど、それも数ヶ月単位でみていかなければならないだろう。

ところで、今日も先日に続いて、ウィルコムが大?活躍。
お客様が緊急に自社に連絡を取ろうとしても、ご自分の携帯からも区役所の電話からも繋がらず。「とりあえず、試してみます?」と自分のウィルコムを貸すと、一発OK!これが2回あった。すごいぞ、ウィルコム。基地局が携帯より細かく分散されていて、しかも小さくて損害を受けにくいことが理由らしい。

…と、ここまで入力して、携帯メールが届く。
相手は陸前高田で高校教師をしている大学時代の友人。地震発生から連絡がつかず、テレビで見る限り津波で壊滅的な状態なので、正直、絶望していた。
が、「地震が発生してすぐに裏山に上ったから大丈夫、こっちは元気!野球部の室内練習場で避難所生活です」との内容。
嬉しくて涙が出た。良かった、本当に良かった。

彼女のために、被災地のために、PCは一旦シャットダウンします。
[PR]
by miki_renge | 2011-03-14 17:07 | 社会・経済一般
<< 続・地震の影響 共働きの地震対策は >>