続・地震の影響

首都圏でも余震が続いて、地震酔いしているような気がする。
被災地の方はもっともっと大変だろうけれど。

結局、行政窓口へは月~水曜日の3連勤となった。
サロンを開店した直後に地震が発生し、「来るはずだったお客様にお越しいただけず、収入が得られない怖さを思い知っています」と嘆く創業者の方、「計画停電だから店を閉めたんだけど、結局停電しないし、これなら開いておけばよかった」とぼやく経営者の方。

行政窓口以外でも、工事業、建設業は仕事の延期が相次いでいると聞いた。
さらに、我が家が3連休に予定していた旅行をキャンセルしたら、旅行会社から全額返金いただいた(宿泊先が計画停電の予定で、宿泊できる状況にはないとのこと)

何があっても家賃や人件費などの固定費は発生する。経営者はどんなにか不安だろう。
彼らの思いにどうやって寄り添っていけばいいか、考えてしまう。

さて、仕事中は、通常通り次女を保育園に預ける。
ただし当然、保育園も節電中。暖房を入れていないので、夕方は室内でもコートを着ていた。
保育園に登園している園児は5~6割。育休中や自営業のご家庭のお子さんはあまり見ない。
年度末恒例のお別れ遠足、お別れ散歩もすべて中止。

長女の学校では、昨日からお弁当。でも食材がない…
そして外体育も外遊びも、放課後の全児童預かり事業もなくなった。卒業間近の6年生は気の毒だな。

今がきっと一番大変なとき。
そう思って、できることをやっていこう。それしかない。
[PR]
by miki_renge | 2011-03-17 06:30 | 仕事場にて
<< 震災関連の施策・通達紹介 地震の影響 >>