「頑張ろう東北!救児募金」

週末、子供たちを実家のある静岡に送り込んだ。

長女は春休みに入ったのだが、私が仕事で外出する際に1人で留守番させるのは不安だった。やはり余震は怖い。
一方の次女は、水道水を巡る混乱で保育園に預けるのも申し訳なくなってしまった。先週は、保育園への登園は園児の3割程度で、仲の良いお友達の多くが長期休園中。さらに24日朝の余震で先生方が体を張って園児を守る姿に偶然接し、「こりゃ~1人でも園児が少ないほうがいいよな」と思った次第。

私も静岡には付き添ったのだが、普通にテレビ放送が流れているのにちょっと感動。まぁ、「浜岡原発はどうする」なんていうゾッとする特集もあったけれど、「アフラック」や「味の素」のCMで翔さんに会えてホッとする。「この国には、1億3千万の元気がある」(←オロナミンC)なんて言われると、涙が出そうになる。
早く「淡麗」や「au」のCMも再開できるといいな…できますように!

さて、先輩未熟児ママのみやこちゃんのブログで、【頑張ろう東北!救児募金】のことを知った。被災地で、NICUに赤ちゃんを入院させているママパパは、不安に押しつぶされそうになっていると思う。私だって、長女がNICU入院中、こんなことがあったとしたら…と想像するだけでゾッとする。停電なんて起きていたら、恐らく長女は生きていないだろう。
この活動によって、小さな赤ちゃんが無事に大きくなったら。
そして医療関係者の負担が少しでも減るのなら…こんな記事を読むと、現場の先生の奮闘ぶりに頭が上がらない。

次代を担う子供達は、何としても守りたい。
NICUに助けてもらった身として、何か役に立てることがあれば。
[PR]
by miki_renge | 2011-03-27 20:12 | 家族・育児
<< 大津波対策 震災後、農業はどうなる? >>