人事・教育担当者の皆様へ

さて新年度。
街に出れば、スーツ姿の初々しい新社会人さんたち。
まぶしいなぁ。自分もかつてはあんな感じだったかなぁ…もっと老けていたりして^^;

昨日は区役所の窓口で、初出勤となる新人相談員さんとご一緒した。
新人と言っても、自分より年上で人生経験豊富な素晴らしい方。自分の方こそ足を引っ張らないようにと、気を引き締める。

次女の保育園のそばにある桜も、そろそろ咲いてきた。
長女も今日が始業式。担任の先生は初めて持ち上がり。明日からは1年生のお世話係をするんだとか。
いろいろ大変なことがあっても、季節は巡っているんだね(BGMは「明日の記憶」で)

さて、ちょっと宣伝。
仲間の診断士とともに、人事・教育担当者の皆様向けの勉強会・交流会を企画した。
その名も、「明日の人財育成を考える会」。
第1回は7月13日(水)18:30~、その後は2か月に1回程度の開催を予定。

前職で自分が人事・教育担当者だった頃は、とにかく情報に飢えていた。教育研修は特に「すぐに目に見えて成果が上がる」とは限らない。だから、いつも「これでいいのか?」と自問自答していた気がする。
そんな悩みを持つ人事・教育担当の方、そして部下・後輩育成に取り組む方、さらに「日本の人材育成、これでいいのか?」という問題意識を持つ方、大歓迎ですよ^^
[PR]
by miki_renge | 2011-04-06 12:15 | 雇用・人事
<< データは語る:女性の無償労働について 大津波対策 >>