カンボジアの児童買春

地震や原発で落ち着かない日々。
長女はテレビで、「福島の小学生が避難先の船橋で“放射能がうつる”と言われて避けられた」というニュースを見て、怒り心頭だった。小さい頃からさまざまな差別を受けてきた長女には、腹立たしい話だったと思う。

一方で、長女やこの避難児童と同年代の子供達が、人権を奪われ、常に過酷な状況下に置かれている国もある。
少し前、カンボジアの児童買春の現状を知ったとき、あまりの悲惨さに言葉を失った。貧しさゆえに、親に買春宿に売られ、体にも心にも大きなダメージを与えられる。HIVに感染するケースもあるが、放置。監禁状態であり、逃げようとすれば暴力を振るわれる。そこにあるのは絶望のみ。
これを解決するには、そもそも子供を売らなくて済むように、「貧しさから抜け出す」ことが大事であるし、買春する大人を厳罰に処す仕組みも必要だろうと思う。

さて、これらの問題に取り組む「NPO法人かものはしプロジェクト」の共同代表・村田氏による講演「カンボジア・かものはしプロジェクト-女性社会起業家の想いと活動」が開催される。
主催は診断協会女性診断士の会Amiと国際部だけれど、診断士以外も参加可。私自身は残念ながら聴きに行けないけれど、ぜひぜひご参加を^^

◆日時:4月21日(木)19:00~20:40
◆会場:東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区・表参道)
◆テーマ:「カンボジア・NPOかものはしプロジェクト~女性社会起業家の想いと活動~」
◆講師:NPO法人かものはしプロジェクト共同代表 村田早耶香氏
[PR]
by miki_renge | 2011-04-15 10:39 | 社会・経済一般
<< 目の前の人だけ救えたらいいのか... 「光とともに…」15巻読了 >>