「ほっ」と。キャンペーン

使命感で仕事を続ける

先日の社労士事務所出勤日。
ランチをしていたとき、所長から「あなたは好きで仕事をやるタイプではないよね。あなたを仕事に向かわせているのは、責任感だよね」と言われた。
うーん、さすが労使トラブル解決のプロ、人を見る目は鋭い。

出産後も仕事を続けていると、「仕事好きなのね」と言われることもあるが、私の本質は実にぐうたらで怠け者である。仕事をしていても集中できる時間は実に限られているし、家事も不得手。唯一、子供とまったり遊んでいる時間が至福のときだ。

ではなぜ仕事をしているかというと、責任感、使命感からかなぁ。そんな自覚はある。困っている人がいたら助けたい、こんな自分でも役に立てることがあるなら役に立ちたい、とは強く思うから。そして役にたったと実感できれば、嬉しく思えるから。
もちろん、現実問題、生活のために働くという部分はあるけれど。

そんな気持ちで見た、昨夜の「徹子の部屋35周年SP」の「嵐コンサートに徹子潜入」の巻。
結婚願望のある徹子さんに、「僕でよければ」と身を捨てた?相葉ちゃんに、自分と同じものをみた(えっ、違う?笑)そういえば、「いつも“次はない”と思って仕事をしている、だからいつ仕事を辞めてもいい」と話すニノにも共感できる。まぁ、私はまだ仕事を辞める気はないけれど、外的要因によって辞めざるを得ない状況になっても、「全力で仕事した、悔いなし!」と言える自分でありたいと思う。
[PR]
by miki_renge | 2011-04-28 06:39 | ジャニーズ
<< 診断士の方へ、マスターコースご案内 元に戻ることを願って >>