「ほっ」と。キャンペーン

「戦場アイドル」関ジャニ∞

先ほど、今月のアクセス解析を何気なく見たら、「嵐 ライブ」「嵐 ツアー」での検索が異様に多かった。
…すみません、アクセスして下さった方、24日から始まったライブに関する情報をお求めですか?申し訳ありません、こちらのブログにはお望みの情報はありません。今年は全公演落選しましたので(号泣)
初めから、倍率が天文学的に高い?国立競技場は諦めて、名古屋を第一希望にしておけば違ったかなーと、今さら自分の読みの甘さを悔む。

今、嵐を見るのは悲しいので、「日経エンタテインメント」8月号の関ジャニ∞の特集記事を読んで気を紛らわす。
タイトルはその名も「デビューから7年目にやっとはい上がった“戦場アイドル”のテレビ力」。言い得て妙ですな。
記事中、「90年代中盤のSMAP大躍進以降、テレビや音楽の市場はジャニーズアイドルが次々と席巻し続けてきた。関ジャニ∞にとってみれば、それはありとあらゆるスタイルや方法論が、先輩達に既にやりつくされたことを意味する」と書かれているが、私も「好きやねん、大阪。」を歌っていた頃は「あぁ、彼らはきっと東京進出は目指してないんだろうなー、ジャニーズは地方限定版アイドルとして売り出すんだな―」と思っていた。
だって、この年代のジャニーズグループも、飽和状態だったもの。タキ翼、KAT-TUN、NEWS、そして嵐と、人気グループが育っていたもの。そうなったらニッチを目指すしかないと考えていた。

それが今はどうですか!
気付いたらレギュラー番組も増え、冠番組も増え、今年は24時間テレビのメインパーソナリティーまでやるんですよ奥さん!
どこに隙間を見つけたかと言えば、「戦場アイドル」「自虐型アイドル」の路線。体を張る企画も、メンタルをえぐられる企画も数多く体験している(こんなのとか)。既にアイドルとは言わない気もするが、でもドラマや歌でも、彼らはしっかりと光っている。

ところで、共演も多く、私生活でも仲良しと言われる嵐と違うのは、関ジャニの方が良い意味で「ガツガツしている」ということかな。一方で嵐は、やはり良い意味で無欲。カラーは全然違う、けどこの2グループの絡みは超絶楽しいよ。

今から24時間テレビが楽しみだ。これがあるから、仕事も頑張れる!
[PR]
by miki_renge | 2011-07-27 16:20 | ジャニーズ
<< 在宅勤務について考える 育児・介護休業規程は難しい >>