「明日の人財育成を考える会」第2回

昨夜は、「明日の人財育成を考える会」の第2回だった。
「次からはこうしたい」という反省は多々あるが、まずは無事に終了してホッとした。参加いただいた方には心より感謝。

今回のテーマは「試験制度の活用」だったけれど、一口に「社会人になってからの試験」と言っても、幅が広くて対応の仕方が難しいと、改めて感じた。
その仕事をするために絶対に受からなければいけない試験から、自己啓発のための試験まで。難易度もさまざま。目標やその企業内の位置づけによって、周囲の支援の仕方や合格後の待遇も違う。唯一つ変わらないのは、「結局は本人次第」ということか。

さて、その参加者のなかに、かつての職場の大先輩がいらっしゃった。
しかも、部下を連れてきてくださった。「職場の大先輩の部下」だから、私が退職していなかったら後輩だったかも知れないんだなぁ、と、不思議な気持ちになった。
こうしてご縁が繋がっていくのは、なんともありがたい。そして、キラキラ輝く後輩を見て、昔の自分はどうだったかなぁと振り返る(汗)

もともと平日夜間の会合のあとに懇親会に出ることは滅多にないのだが(そこは、どのグループに対しても公平に線を引いていたつもり)昨日は別。会終了後、懇親会までご一緒させていただき、参加者の皆さんといろんなお話をさせていただいた。いいなぁ懇親会。子供達がもう少し大きくなったら、出られるかなぁ。

◆次回の「明日の人財育成を考える会」は、11月9日(水)18:30~。
 管理職研修をテーマとして扱いますので、ご興味のある方、ぜひ。
[PR]
by miki_renge | 2011-09-15 12:34 | 雇用・人事
<< 「インターラクティブコンサルテ... 復興に向けた動き:「21人の輪」より >>