女性診断士の会"Ami"20周年シンポジウム&パーティ

昨日、「女性診断士の会“Ami”20周年シンポジウム&パーティ」が開催された。私も参加してきた…というより、私はこの会の幹事(実行委員)の1人であるので、主催者なわけであるが^^;

シンポジウムの内容は、グーグル新規事業開発アジア太平洋地域統括本部長のマスミ オオサキ ラインダース氏の基調講演と、女性診断士5名によるパネルディスカッション。
ダイバーシティやワークライフバランスには日頃から興味があったし、何より子育て中の一女性として、大いに共感しながらお話をうかがった。特に大先輩方の経験談からくるお話には、何度も涙が出そうになった。いいときもあれば悪いときもある、この時代に生まれたからには、それを受け入れる…こんな方の力の抜けた生き方をしたいと思った。

他にも、ブログで気軽にコメントしていた方が実は大先輩だったということが判明したり、
数年ぶりに会った補聴器屋の社長さん(実は診断士の大先輩)から補聴器についてアドバイスを受けたり、
ネットでしかお名前を知らなかった方と名刺交換できたり、
今春、窓口勤務を勇退した先生に久々にお会いできたり、
もちろん、ときどきご一緒している仕事仲間と、少しだけでもお話ができたり、
と、とても幸せな時間だった。
だから、シンポジウム後のパーティに参加できなかったのは非常に悔しい。もっともっといろんな人とお話したかったのに。それに幹事だから、裏方のお仕事もあったのに申し訳ない。でも家庭優先の時期もあるのは仕方ない、と自分に言い聞かせる。

さて、昨日は僭越ながら、シンポジウムの基調講演の前に、「Amiの歴史」を紹介させていただいた。私のような幽霊幹事が皆様の前でお話しするなんて大変申し訳ないことだったのだけど…説明用資料を作成しながら、改めて20年の歴史の重みを感じたのも事実。この20年を築いてきた先輩方に、改めて感謝。
常に温かく、カッコいい幹事・実行委員の皆様にも感謝。お手伝いができなくてごめんなさい。
そして何より、ご来場くださったすべての方にも感謝。実行委員としての仕事でバタバタしていたため、しっかり挨拶できなくてごめんなさい。でもお越しいただき、嬉しかったです。
[PR]
by miki_renge | 2011-11-06 07:32 | 仕事場にて
<< 来年の手帳 一期一会の接客を大事に >>