来年の手帳

今年もあと2ヶ月弱。相変わらずバタバタとした日々を送っている。
が、Twitterやfacebookで、診断士や社労士仲間の仕事ぶりを見ていると、私はまだまだ時間の使い方が下手だし、睡眠も食事も取っているし、頑張りが足らないんだろうなぁと思う。
一方で、同業者では「子供が複数、障害児・未就学児がいる、しかも実家が遠い」というカテゴリーに属する人は、私が知る限りでは皆無。他のママ友達と比べても、私はとんでもなく無謀なことをしているのではないか、とも感じる。

…比較は無駄か^^;
自分にできることを、精一杯やっていくしかない。

さて、スケジュール管理の強力な味方、「手帳」選びの季節がやってきた。
少し前までは、この季節、「どんな手帳にしようかなぁ」とワクワクしていたのだが、来年は迷わず「社労士手帳」。
実は今年も、ほぼ社労士手帳を使い倒した。手帳は見開き1週間(仕事に必須の六曜付き)+月間予定表(18ヶ月間)がメイン、そして別冊として各種保険や法令関係、関係機関の電話番号等が載っているのが嬉しい。この別冊に、今年どれだけ助けられたか。特に厚生年金や健康保険の保険料額表は大いに役立った。
もちろん、情報はコンパクトにまとまっているので、決して重くない。
それに現実問題、手帳を買いに行く時間もない。社労士会が届けてくれるのだからありがたい。

仕事の割合で多いのは診断士の方なんだけど、「診断士手帳」さん、ごめんなさい。
ちなみに士業の皆さん、「スライド手帳」も、日程管理しやすいですよ^^
[PR]
by miki_renge | 2011-11-09 06:41 | 仕事場にて
<< 恩師の訃報 女性診断士の会"Am... >>