働く主婦の忘年会事情

いよいよ12月。12月と言えば忘年会。
本日現在、仕事関係9件、ママ友関係2件…と忘年会のお誘いはバンバン入ってくる。しかしそれにすべて応じていたら、家庭もお財布も完全破綻は目に見えている。
夫に相談したら、当初、「平日1件、休日1件まで可」というお返事。だがその後、12月は夜間の仕事の外出が例月より少なくなりそうなことが判明し、「突発的な夜の打合せが入らなければ、平日2件まで可」というお許しをいただいた。ブラボー!!

さて、ここからは取捨選択の判断をしなければならない。
こういうときは、揺るぎない判断基準を持つことが大事。

今年の優先順位は、
 1.自宅からの距離
 2.開始時刻(=終了時刻)の速さ
 3.人間関係の濃密さ
とした。

まず、徒歩で行ける忘年会を確認すると、3件。
このうち2件は18時前スタートだが、あとの1件は18:30開始、しかも「初めまして」状態の会。人間関係を深めるには絶好のチャンスで、「ぜひ」と誘っていただいたが、これはまた機会があるだろうと泣く泣く却下。
当選は、行政の窓口勤務関係者の忘年会と、保育園のママ友との飲み会。

次に、バスで行ける忘年会。これが2件。
これは単純に、開始時間が早く、かつバス停の数が少なく本数が多い方を選択。
参加している診断士の支会活動の忘年会が当確、ただし仕事の状況により「残念」になるかも?

…うわぁ、これでもう3つ。電車に乗って行く忘年会は壊滅状態(自宅から駅までだって徒歩圏内なのに…)本当はあっちにもこっちにも行きたい。お世話になった方もたくさんいるんだし、今年の御礼を伝えたい。一緒に今年を振り返りたい。情報収集もしてきたい。義理もある。でも心を鬼にして、行かない選択をする。コミュニケーションの機会は忘年会以外にもあるはずだから!
振り返れば、忘年会なんて全く縁のなかった年もあるんだもの、我慢我慢。そしてテレビで嵐、関ジャニ、SMAP等々、追っかけよう^^

【追記 12/2 5:00AM】
その後、小学校の学年全体での女子会(ママ飲み会)の案内もいただいた。
保育園だけ行って、小学校のものは行かないのはどうなんだろう…
徒歩圏内、だけど少し遅めの18:30開始。
まずい、基準がぶれる。
[PR]
by miki_renge | 2011-12-01 06:55 | 仕事場にて
<< 20年後の同窓会:「21人の輪」より 「嵐の明日に架ける旅」 >>