「中小企業診断士」という資格:「資格☆はばたく」より

今日も「Eテレ」ネタで^^

「資格☆はばたく」12月の資格は、「中小企業診断士」。
全4回シリーズの第1回を観た。

ご一緒している女性診断士のコンサル現場が出てきたり、企業内診断士の勉強会が出てきたり、実際の試験問題をアレンジしたものがクイズ形式で出てきたりと、「中小企業診断士ってどんな資格?」という問いに、分かりやすく解説を加えてくれた番組だと思った。

誰が話していたか忘れてしまったが、診断士は、「相手の悪いところをあえて指摘する」のが仕事だというのには共感した。
しかし、悪いところを指摘するには勇気が要る。
もっと言えば、それが本当に悪いのか、検証する必要もある。
いつも、「この方針は適切なのかどうなのか、もっと良いやり方があるのではないか、「それを相手にどう伝えるか」、必死で考えている。こんな私でも、「診断士」という肩書きを背負えば、その言葉の影響力は非常に大きくなるものだから。

あまりに必死に考えすぎて、私自身は家族には迷惑をかけているけれど、私に相談くださる方は、その後ろにいる従業員やお客様、その家族のことまで背負っているのだから、中途半端な気持ちではとてもやっていけないと思う。
もちろん、その先には喜びや満足感もあるのだろうが、今の私にはまだ分からない。支援してすぐはお客様に感謝していただけても、数年後、あるいはもっと先はどうなるのか、常に気にかかっている。

それでも、ずっと先まで応援したいから、当面はこの仕事を続けるだろう。

資格を取ってようやくスタートラインに立てる、奥の深い資格。
一緒に勉強し、悩み、励ましあえる仲間が増えるのは嬉しい。
第2回は今夜。ご興味のある方、ぜひ!
[PR]
by miki_renge | 2011-12-07 06:53 | 資格・勉強
<< 2011年-変わるもの、変わら... 20年後の同窓会:「21人の輪」より >>