「下流の宴」

林真理子さんの「下流の宴」を読んだ。
NHKのドラマは未見だが、病院内の図書館にあったので暇つぶしと思い、一気に読んだ。

主人公の福原由美子は、若くして亡くなった父が医者であり、母は矯正下着の販売をしながら這い上がってきた苦労人。由美子自身も地元の国立大学を出ている。「わが家は品の良い中流(上流?)だと信じて疑わない。
夫の健治も早稲田大学卒業の、そこそこのエリート。
娘の可奈は見栄っ張りで、お嬢様大学を出てエリートとの幸せな生活を目指し婚活中。
が、息子の翔は、高校を中退して現在フリーター。上昇志向は全くない。さらに突然、沖縄の離島出身のフリーター、珠緒と結婚したいと言い出す。
…と、要約するとこんな内容。

どの人物にも共感できるような、共感できないような、不思議な読後感。
まず由美子。親として、覇気のない息子の将来を心配する気持ちはよく分かる。が、その過剰なまでの選民思想?にはうんざり。息子と珠緒を前に、「翔はね、まっとうな、本当に普通の世界で生きてきた子なの、あなた(珠緒)たちとは違うの」って言い切ってしまうのには反吐が出そうだ。
でも、由美子みたいなタイプ、結構いるよね。中学受験が盛んな地域に住むと、それがよく分かる。「公立中に進学する人間とは関わらない方がいい」という会話は、残念ながらたまに聞く。

翻って翔のようなタイプも、この不況下、いるだろうなぁと思う。とりあえず中学受験までは親の言うことを聞いていた。が、頑張っても、その先に何があるのか全く見えていないんだろうな。若い世代が夢を持てない時代、旧世代があれこれ昔の価値観を押し付けても、かえって反発したくなるだろう。

可奈に関しては、残念ながら私にとっては「宇宙人」。人形町のメーカーの内定を蹴ってミッドタウンの派遣を選ぶって…確かに「玉の輿」に向けて合理的な行動は取っているけれど、結局、他力本願の生き方はリスキーなんだよね。

その点、珠緒は良く頑張った。途中からは「珠緒、頑張れ!」と応援しながら読んだ。私がド田舎出身で、ときとして馬鹿にされてきたから分かる部分があった。ただ、医大合格はあくまでスタート。動機が不純なためうまく行くか心配だけど、そのたくましさで、ぜひ素敵な女医さんになってもらいたい。

いやー、面白いストーリーだった。そしてときどき身につまされつつ、スカッとしつつ、ただ最後は恐怖すら覚えた、そんな小説(ノンフィクション?)だった。
[PR]
by miki_renge | 2011-12-26 06:41 | 家族・育児
<< 「心のケア」 女性のためのビジネスプランコンテスト >>