最近気になったニュースより

最近気になった、雇用を巡るニュースより。

1.東京大の秋入学移行
 秋入学→夏卒業になれば、もしかしたら新卒一括採用が崩れ、通年採用への移行にいっそうの弾みがつくかも知れない。それは期待。実際、企業でも採用担当者の4割がこれを支持しているのだとか。
 もっとも、一方で「無理に国際標準に合わせなくても、入学時期や入学後のカリキュラムを弾力化すれば良いのでは?」とも思う。高校以下は従来通り4月入学のまま。ここが変わらない限り、無駄が大きい。

2.パワーハラスメントの定義付け
 厚生労働省のワーキンググループが発表。大人になっても「いじめや嫌がらせはよくないよ」と言い続けなければならない現状には疑問を感じるが、このように明確に定義づけることで、職場に問題意識が生まれるなら、それも結構。

3.岩波書店の縁故採用宣言
 厚生労働省が動くとか何とか言っているけれど、採用なんて企業の裁量に任されるものなんだから、いいんじゃないの。だって「毎年、数人の採用のために千人以上が応募する」んだもの、その採用担当者の手間を考えたら、何らかの手段で人数を絞り込みたくなる気持ちは分かる。そこで優秀な人材が取れないと気付けば、また変わるでしょうよ。
[PR]
by miki_renge | 2012-02-04 07:38 | 社会・経済一般
<< 「ナッちゃん」 社労士会研修初参加 >>