従業員満足

最近、モラールサーベイ(従業員満足度調査)について話を聞くことが多くなってきた。
マネジメントする側が、「どうしたら従業員がよりよく働けるだろうか」と考えるようになったからだろうか。

ただ、「もったいないなぁ」と思う使われ方をしているケースも散見される。
目立つのは、単に「意見を聞いただけで終わり」となっているケース。個人的には「どのような回答が得られるかある程度の仮説を立てて、それに対応できるだけの覚悟を持って実施しないと、かえっ
て従業員満足度を下げてしまう」と思っている。それなりに時間も、もしかしたらお金も)かかる面倒な調査である以上は、リターンがなければ実施の意味がない。
また、その調査結果によって何か策を講じたのなら、その評価もすべきだろう。調査をするなら、1回だけで終わるのではなく、ある程度の期間推移を見守りたいものだ。

ということで、次回の「明日の人財育成を考える会」では、そもそも「従業員満足度調査とは何ぞや」について考える予定。
多くの方のご参加をお待ちしております。

【日 時】2012年3月14日(水)18:30~20:30 *終了後、懇親会あり
【場 所】文京シビックセンター5階会議室
【対 象】(企業の)人事・教育担当者および経営者
【定 員】先着25名
【参加費】2,000円(当日、受付にてお支払い下さい)
[PR]
by miki_renge | 2012-02-20 09:20 | 雇用・人事
<< 暴走自転車対策 スマホ解約検討中 >>