磁気にやられた?腕時計

先週の火曜だったか、腕時計の電池が止まってしまた。
商店街のなかにある近所の時計屋さんに、時計を持ちこんだ。

「あれぇ、最近よく来るよねぇ」とおっしゃる時計屋さん。
お店にある電池交換の控えをみてもらうと、1年で3回も電池交換をしてもらったことになっていた。振り返ってみれば、確かに最近、電池の持ちが悪いなぁという気はしていた。

10年以上使っている時計なので、分解して中を調べてもらうことにした。
待つこと1週間。時計は無事に戻ってきた(ちなみに7千円かかった、たぶん安い方だと思う)

時計屋さん曰く、「だいぶ磁気にやられていたみたいですよ」とのこと。
思い当たることと言えば…よく腕時計をしながらノートPCを使っていること。腕時計の保管場所が電話兼ファクスの真下だということ。
「それはよくないねぇ~、その手のものからは最低10センチ、できれば30センチ離さないと」とのアドバイスをいただいた。携帯電話に近づけるのも、マグネットを使うバッグのなかに入れておくのもよくないそうだ。

それにしても、腕時計のない1週間、何となく落ち着かなかった。
やっと帰ってきてくれて、ホッとしている。
これからもよろしくね。そして商店街の時計屋さん、ありがとう。
[PR]
by miki_renge | 2012-03-21 13:48 | 商品・サービス
<< 「パパは今日、運動会」 今さら…Twitterの面白さ >>