「ほっ」と。キャンペーン

24時間テレビ2012

先ほど、今年の24時間テレビが終わった。
それと同時に、我が家の娘たちの夏休みも終わった^^

さて、24時間テレビ。今年のメインパーソナリティは嵐さん。
泣いたり笑ったり、例年同様(いや、それ以上か?)忙しく充実した時間だった。

毎年書いているが、24時間テレビには偽善的だとか、感動の押し売りだとか、障害者を見世物にしているとか、さまざまな批判もあるようだ。
でも、根が単純な私は、誰かが頑張っている姿を見ると、自分も頑張ろうと思えるし、困難に負けずに力いっぱい生きている人、感謝の気持ちを伝えたいと願う人を見ると、すぐに感動してしまう。
それに、障害や病気は、誰にでもそうなる可能性があるものだから、他人事のようには捉えたくないものね。

ニノのドラマはその点、良かったなー。
チンピラ同士の喧嘩で車椅子生活を余儀なくされる役のニノ。でも、嵐FCの会報に載っていたように、「障害を負ったことで、気持ちを入れ替えて清く正しく生きましょう」とならないところが、現実的でよかった。でも、心を入れ替えなくても、誰かの役に立てると実感できれば、生きていける。彼はそう教えてくれた。

もう一つ。
フィナーレ近くで、「今年は嵐の誰が手紙を読むんだ?」とそわそわしてしまったが、全員が未来の自分に向けて手紙を書いていた。うーむ、そうきたか。

手紙は共感ポイントがいっぱい。
過去の積み重ねが未来につながる。だから今日を精一杯生きよう。
どんなときでも笑っていよう。

そして、この先の未来も、5人でずっと輝き続けてください。お疲れ様でした!
[PR]
by miki_renge | 2012-08-26 22:52 | ジャニーズ
<< 続・24時間テレビ2012+ダ... 「ドラゴン青年団」 >>