「働く・仕事を考えるシリーズ」

今日から9月。
夫は防災訓練へ。長女は期末テスト前の学習教室のため中学へ。
私は次女とまったり…できるのか?

でもまぁ、夏休み明けのプレゼント。
関ジャニ∞の味の素スタジアムツアーが当選しました!
長女と参戦予定です。

さて、本日は宣伝。
労働調査会より、経営・ビジネス・自己啓発などさまざまな切り口で、ワークスタイルのヒントを提案するビジネス新書判「働く・仕事を考えるシリーズ」が5月末に刊行されているが、そこに新たな仲間が加わったとのこと。

新刊は次の2冊。
・なぜ部下は思い通りに動かないのか
 (産業カウンセラー 中小企業診断士 市岡 久典 著)

・なぜ気がつくと知らないうちに1日が終わってしまうのか
 (中小企業診断士 松原 秀樹 著)

ちなみに5月に発刊されたのは次の5冊。
・1か月であなたの人生が変わる! 究極の質問
 (合同会社 夢をカナエル 代表 福島 正人 著)

・24時間×365日の交渉力
 (中小企業診断士・社会保険労務士 住田 俊二 著)

・ものづくり式経営革新の手法 ~企業が元気になるヒントを再点検
 (中小企業診断士 吉村守 著)

・銀行なんか怖くない! 上手に融資を受けるための銀行取引のツボ
 (経営コンサルタント 中小企業診断士 野村 幸司 著)

・自分のロゴマークをつくる ~「デザイン思考」でなりたい自分を実現する
 (デザイナー 山下 行雄 × 中小企業診断士 茂木 崇 共著)

何やら、ドキッとするようなタイトルもありますなぁ。
そして診断士仲間、頑張ってるなぁ。
このシリーズ、新書ということもあり、手軽に手に取れる。また、学術書ではないので、スッと頭に入ってくる。いろんなヒントがもらえそうだ。
[PR]
by miki_renge | 2012-09-01 09:15 | 雇用・人事
<< 「高年齢者雇用安定法」の改正 続・24時間テレビ2012+ダ... >>