来年の手帳

年末。そろそろ手帳の切り替えの時期。
公私ともに春先までの予定がぼちぼち入ってきており、来年もがんばるぞー!と思いを新たにしているところ。

手帳は一昨年より社労士手帳を使っているが、来年も同じようにこちらにお世話になる予定。こちらに、「仕事=黒」「研究会・セミナーなどの自己投資=青」「プライベート&家族の予定=赤」で書き込んでいる。
この手帳のありがたいのは、資料が充実しているところ。
お客様に細かい数字を質問されたときは、まずこの手帳。
来年バージョンは、さらに「主な年間手続きカレンダー」がついている。
強いて言えば、もう少しお洒落であれば…と思うが、そこは士業の手帳、誰にでも使いやすい落ち着いたデザインであるべきなのだろう。

一時期、スマホでスケジュール管理しようとしたが、入力が面倒&充電が切れたら使い物にならないという理由から、やはり自分はアナログ人間なのだと自覚。
面白い話を聞いたときや、小ネタを思いついたときに、ちょこっと書きとめるには、やはり手帳だ。

さて、社労士手帳は11月に社労士会から送ってもらえるが、今年から診断士手帳は「希望者のみ有償配布」となったらしい^^;
診断士手帳様、ごめんなさい。

なお、診断士の先輩が手がけている「スライド手帳」もご紹介。自分の使いやすいように手帳をカスタマイズしたい人にはお勧めです。
[PR]
by miki_renge | 2012-12-14 18:36 | 仕事場にて
<< 「なぜ女性のリーダーは少ないのか」 飲み会2つ >>