単著出版までの長い道のり(1)

Facebookではすでにご案内させていただいたが、先日、労働調査会様から初の単著(新書)を出していただいた。
「『コマギレ勤務』が社会を変える~多様な働き方を目指して」
というタイトル。ちょっとふざけてますか?(汗)

でも、内容は真面目…なはず。正社員の短時間勤務=コマギレ勤務と勝手に命名し、彼ら・彼女らをトリガーにして世の中を変えていければ、という思いで執筆した。
従って、テーマは「ワークライフバランス」。
2007年頃にいったん盛り上がったものの、リーマンショックでトーンダウンした感のあるこのテーマを、見直してみたいとも思った。

さて、この本の出版までの道のりをメモしておく。

こちらでご一緒しているメンバーと共著「中小企業でもすぐに始められる!組織と人材の育ち合いプログラム」を出したのが、2010年12月。
それをきっかけに、仲間の診断士がご縁を繋ぎ、「働く・仕事を考えるシリーズ」に関わらせていただくことに。

ありがたいことに、私も企画を提出する機会に恵まれた。
今回の企画書を労働調査会様に送ったのは、2012年のゴールデンウィーク前。
企画が通って、労働調査会様にお呼ばれしたのが、お盆の頃。
原稿締切は11月末。秋はひたすら、書いて書いて書きまくった。
と言っても、秋は研修シーズンでもあり、時間の確保は困難を極めたけれど。
パソコンに集中して向かえたのは、11月だけだったかな。

初校のゲラをあげていただいたのが、12月18日。
そこからお正月を挟んで、1月7日が初校の戻し。
…お正月はなかった。年賀状もいい加減だった(ごめんなさい)。
でも、編集担当の方は、もっともっと大変だったと思う。

<続く> 
※アマゾンでもお買いいただけます→こちらから
[PR]
by miki_renge | 2013-02-27 18:42 | 仕事場にて
<< 単著出版までの長い道のり(2) 「聲の形」(少年マガジン) >>