「信長のシェフ」

単著出版について書き綴っていた途中で、こんな記事を挟んですみませんねぇ。
でも、明日は最終回。その前に書いておきたい、「信長のシェフ」(テレ朝金曜23:15~)について。

フレンチシェフのケンが、戦国時代にタイムスリップ。
織田信長に出会い、彼の料理番になる。
そこで、さまざまな料理を作って、信長が出す難題を解決していく…という物語。

まず、主演のキスマイ玉森(玉ちゃん)が、初々しくてGOOD。
癖のありそうなミッチー信長、明智吾郎もいい。
妙に風格のあるカンニング竹山の家康も然り。4話の「家康の心を繋ぎ止める料理」は私にとっては神回だった。家康と信長の絆にしみじみしたわ。
いや、5話の「戦国お子様ランチ」も良かった。お市はケンに、ハンバーグの作り方を教わったとしたら…
先週、森可成がフューチャーされていたのも意外。知名度的には今一つだものね。
というわけで、歴史好きには楽しめるドラマだと思う(→うちの長女だ) そうでなくても、深夜なのにこの豪華キャストって。深夜のテレ朝、さすがだわ。

料理って、いろんなものを動かす力があるんだよね。
政治家だって、料亭を使うわけだし(笑)
美味しいものを一緒に食べれば、もう仲良し♪ 食欲って人間の本能なんだよね。うちにもこんなシェフがいたら…(妄想)

さて、明日の最終回で、ケンは平成の世に戻れるのか。
本能寺の変は?

そういえば、今日の「やじうまテレビ」では、クランクアップの様子が紹介されていた。玉ちゃん、お疲れ様。
4月からはこの枠にたっちょんが出ますよー。サイトもあるようです。
[PR]
by miki_renge | 2013-03-07 23:20 | ジャニーズ
<< 【速報】関ジャニ∞ライブツアー... 単著出版までの長い道のり(2) >>