「ほっ」と。キャンペーン

「嵐ちゃん」最終回に寄せて

書きたいことが多くて非常に困っているのだが、とにかく時間がない…
来週までは駆け抜けるのみ^^

さて、それでも昨夜の「ひみつの嵐ちゃん!」最終回だけは見逃せなかった(仕事がたまっているのに、すみません!!)

最終回はシェアハウスで、5人がまったり。
写真や衣装、小道具?を使いながら、思い出を振り返っていた。

実は、かなり迷走した番組だったんだよなぁ。
初めの頃は「社会科バラエティ」だったんんだけど、早々にネタが尽きてたし^^;
1回限りのよく分からない(笑)企画も多かったし(「大人のぬり絵」とか、「芸能人に会えるかもしれない街」とか)
嵐の人気が出てからは、みんな忙しくなったからか、VIPリムジンもシェアハウスも2人だけになっちゃったものね。
司会のオセロも、ちょっとビミョーになってしまったし…

でも、ファンにとっては、ユルフワな嵐が見られる大事な番組だった。
系列で言えば、「宿題くん」の流れをちょっと汲んでたかな(少なくとも「しやがれ」よりは…)

映画「花より男子ファイナル」公開直前の、松潤と大島さんの1日デートとか(髭男爵=貴族が、道明寺家のライバルなんだよね。)
芦田愛菜ちゃんゲストの回の「リルぷりっ!」ダンスの無茶振りとか(モデルズ、わけもわからないのによく踊れたよね)。
ランキングダービーの「オシャベリカズナリ」の微妙な位置づけとか。
「オトナはできて当然SHOW」では、山ちゃん@南キャン、いろいろありがとう!
そうそう、マネキン5は投票に行ったなぁ。この番組がなくなるのは、「ひみつの関ジャニちゃん」になるときかと思ってたわ、真面目に(爆)
その他、ダブルパーカーとか軽潤とか、大野フィッシングクラブとか映画泥棒コントとか俺千葉2人旅とか、いくらでも語れるのだけど…

最終回の最後、「Still...」がフルで流れたのは反則です。
あの歌詞が、こんなにも最終回にマッチしているとは(しかも字幕まで出てるし)
もう車輪は回り始めているけれど、これはきっと、新たな出逢いの始まり。

自分のなかでの一番は、震災1年後の放送のオープニングで、他局も含めた嵐関連の番組と、国立競技場、そして東北~日本地図をバックに「ファイトソング」が流れたこと。
迷走しながらも、嵐と番組スタッフの愛を存分に感じられる素敵な番組だった。

5年間、ありがとう。
[PR]
by miki_renge | 2013-03-22 22:48 | ジャニーズ
<< あなたが笑えば、世界は輝く:「... 【速報】関ジャニ∞ライブツアー... >>