単著出版までの長い道のり(3)

年度末の忙しさにかまけて(いや~、ひたすら忙しかったわ~)ずっと滞っていた、「単著出版までの長い道のり」シリーズ 
→ 過去記事はこちら (1)(2)

以前書いたように、初校でいろいろ直しを入れたせいか、再校の戻しまでのスケジュールはタイトだった。
初校を戻したのは1月7日。再校があがり、メールで送信されてきたのは1月15日夜。
1月末発行というスケジュールは動かせなかったため(注:結局2月5日発行となった)、逆算すると1月18日朝には再校を戻さなければならないことに。

さらに言えば、初校の段階でデータをいくつか入れ替えた影響で、ページが若干減ってしまった。編集担当の方からは、「新たに原稿を書き足していただく余裕はないでしょうから、このまま行きましょう」と言われたが、こちらはストック(=ボツにした記述)がたくさんあったので、何とかそれを入れようと試みた。

再校の戻しまでの2日間、初校の修正が反映されているか確認すると同時に、原稿の追加。
この段階で新たな原稿を入れるのは、主張の一貫性やバランスという視点から言えば勇気が要ったが、急に、過去にボツにした記述がいとおしく思え(爆)、力技で入れることに。

16日は次女のB型肝炎の予防接種もあったのだけど、この日も待合室でゲラとにらめっこ。
まさにコマギレ時間だったなぁ(涙)
この再校戻しまでの2日間というのは、恐らくこれまでの人生のなかでも、かなり濃密だったことは間違いない。

で、18日の朝一番に出版社に原稿を届け、ようやく私の手を離れた。
出版社を出た後のヒンヤリと冷たい空気がやけに心地よかったことは覚えている。数日前に降った雪が、まだあちらこちらに残っていたっけ。

しつこくも、(4)に続く…

★「『コマギレ勤務』が社会を変える~多様な働き方を目指して」をご購入いただける方はこちら(労働調査会様サイト)かこちら(アマゾン)へ。アマゾンでは「労働時間・休暇」のカテゴリで1位になりました。感謝です。

★ビジネス書出版に興味がある方には「ビジネス書出版アカデミー」をお勧めします!
「中小企業でもすぐに始められる!組織と人材の育ち合いプログラム」の出版でご一緒し、他にも多数の書籍を世に送り出している福島正人さんが企画されているので、間違いありませんよ^^
[PR]
by miki_renge | 2013-03-31 17:41 | 仕事場にて
<< 中丸、卒業おめでとう! あなたが笑えば、世界は輝く:「... >>