中学生の荷物の重さ

今朝は仕事の前に、次女の小学校へ読み聞かせに。
帰り際、長女が小学生のときにご一緒したママさんと、ちょっとだけ立ち話。
話題は「中学生が持つ荷物の重さ」。
お子さん(=長女と同級生で、現在は私立中在籍の女の子)は、毎日の通学の荷物が重くて重くて、ちょっぴり体調が悪く、整体に通っているそうだ。
そういえば、他にもマッサージに通っているお友達がいたなぁ(やはり私立進学組女子)

うちも、荷物の重さにはほとほと参っている。
「犯人」は分かっている。副教材が重いのだ。
入学当初に買ったバッグはすぐにほつれてきて、その後購入したリュックも穴が開いた。現在、二代目のリュックを使っているが、もともと小柄(150センチ弱、やせ型)の長女は、今でもフラフラしながら通学している。

ママ仲間とも話をしたけれど、これって成長期の女の子の体には、いいことじゃないよなぁ。
中学生で整体だのマッサージだの、喜んで受けたいわけじゃない(女子中学生でも安心して受けられるマッサージなんて、もしかしたらビジネスになるかも知れないけど)。
何を甘いことを!とか、精神論で乗り越えろ!という意見もあるだろうけど、これでいいのかなぁ…と思わずにいられないのであった。医学的にはどうなんだろう。
[PR]
by miki_renge | 2013-05-15 00:03 | 家族・育児
<< 乙武さんの入店拒否騒動から考えたこと 診断士の皆さん、マスターコースへ >>